ユニバーサルロボット

【協働ロボット導入事例】NCN、マシンテンディング作業の自動化

最終更新日: 2019/04/11

  • カタログ

UR10コボットが労働力不足に対処!ルーティンワークを軽減しました。

チェコの製造業 BAUMRUK & BAUMRUK s.r.o.dでは、小さな部品を
フライス加工にローディングするプロセスを自動化する必要がありましたが、
作業場が狭いため、フェンスなどの安全設備を設置することができませんでした。

さらに、ロボットとオペレータの両方にフライス・センターを
使用させたいので、人が常に安全にアクセスできるようにする必要がありました。

そこで同社は既存の人員配置を有効に活用し生産性を上げるために
UR10を導入しました。

導入により課題は解決し、従業員は繰り返し作業から解放されました。

【自動化の課題を克服】
■フライス・センターへの小型部品のローディングの自動化
■外部支援を受けずにロボットの実装を設計・構築
■作業場の一部をコボットなしで使用
■作業場へのアクセスのしやすさと安全性
■アプリケーションの迅速かつ反復的な実行
■投資回収期間:9カ月

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

【決め手】
■ルーティンワークの削減
■労働力不足の問題を解決
■フェンスなどの設備が不要なことによる、作業場のコストダウン
■製造工程の最大限の自動化

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。
価格帯 その他
納期 お問い合わせください
型番・ブランド名
用途/実績例 【協働ロボットが解決した作業】
■CNCマシン・テンディング
■フライス・センターへの小型部品のローディング
■CNC装置の制御
■空気圧式2本指グリッパーの制御

※詳しくはPDF資料をご覧いただくか、お気軽にお問い合わせ下さい。

関連ダウンロード

【協働ロボット導入事例】NCN、マシンテンディング作業の自動化

上記では、電子ブックの一部をご紹介しております。

ページの先頭へ